top of page

楽しさと頑張り



こんにちは!

家庭教師あがやの山中です!


あなたのご家庭では、あなたもお子様も

勉強や仕事を「頑張る」

遊びや食事を「楽しむ」

ことをできていますか??


今回は、勉強や仕事における、楽しさと頑張りについてお話ししたいと思います!


まずは、、、

皆さんは、勉強や仕事をするときに、

楽しく感じますか?

それとも、

苦痛でしかありませんか?


勉強や仕事を「楽しむ」ことができる人は、

より効率的に成果に繋がりやすいです。


なぜなら、楽しさはモチベーションに直結するからです。

楽しくないことをやるのは辛いですよね。。。

一方で、楽しいことなら、どんどんやりたくなりますよね!

(やり始めたり、上手くいくとアドレナリンが出て、やる気も上がると言われています。)

では、どうすれば勉強や仕事を楽しくできるのでしょうか???

今回はその方法例をいくつか紹介します。


①目標を明確にすること

勉強や仕事をする目的は何でしょうか?

自分の将来の夢や目標につながっているのでしょうか?

それとも、単に義務感やプレッシャーでやっているだけでしょうか?


目標が明確であれば、

その達成に向けて努力することが楽しくなります。

理想とする目標を達成した姿を常に想像してみてください。

本当に理想する目標であれば、興奮してくるはずです。


逆に、目標が曖昧であれば、

その意味や価値を見出すことが難しくなります。ただ、目の前の作業を延々と行うだけです。

時間も成長も勿体ないです。。。


そのため、、、

目標を設定するときは、

「具体的」で「達成可能」なものにしましょう!


例えば、「英語を話せるようになりたい」という目標はあまり良くありません。

何故なら、「話せる」という基準が曖昧だからです。

では、「テストで70点以上を取りたい」という目標はどうでしょうか?

これなら、具体的で達成可能ですね。

(テストのために、70点のために、

集中する範囲や単元を絞ったり、重点的に練習することが可能)


このように、目標を明確にすることで、自分の進捗や成果を確認することができます。

そして、それが少しでも良い結果や過程につながると、楽しさが生まれます!


②工夫をすること

勉強や仕事の方法は一つではありません。

自分に合った方法を見つけることが大切です。


例えば、勉強するときに、

教科書だけではなく、

インターネットや動画や音楽などを使ってみましょう!

(仕事するときには、パソコンだけではなく、ホワイトボードや付箋やカードなどを使ってみましょう)

う目線や違う脳の領域を使って、刺激になります。(脳に刺激が多いと、記憶の定着につながると言われています)


また、一人でやるのではなく、友達や同僚と一緒にやってみましょう。

相手の意見やアイデアを聞くことで、

自分の視野が広がります。

それが良い結果、過程に繋がり、楽しさにも繋がります。


最後に、

③褒めること

自分の努力や成果を認めて褒めることは、

自信や満足感を高めることにつながります!


自分だけではなく、周りの人も褒めましょう!相手の努力や成果を認めて褒めることは、関係性や信頼感を高めることにつながります。


自己肯定感、他己肯定感が自信につながり、その好循環が、気持ちも結果もプラス思考に変えてくれます。


あなたもお子様も、ぜひ試してみてください!

きっと、勉強や仕事が楽しくなります。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page